憧れの風俗嬢との最高な体験

反応が初々しいから新人が好きなんです

新人風俗嬢が好きなのは自分がイニシアティブを握りたいからじゃないんです。相手の反応が初々しいじゃないですか。すすきの風俗では相手を責めるのが好きなんですけど、相手の反応を見たいからなんです。別に男としての優越感だとかじゃなくて、どんな反応を見せてくれるのかを求めていますので、風俗で遊ぶ時にはどんな反応をしてくれるのかは何気にかなり重要視しているんですけど、新人の場合は反応もかなり初々しいじゃないですか。慣れてくるときっと反応も男を喜ばせようって思いが多少なりとも働くようになると思うんですけど、新人風俗嬢だとまだまだそこまで考えるだけの余裕はないんじゃないですかね。だからこそ、物凄く新鮮な時間を満喫出来るんです。それがこちらの興奮をより高めてくれるんですよね。その反応を見ているだけでこちらもどんどん興奮していくことを考えると、新人風俗嬢に狙いを定めている自分の判断は決して間違いではないんじゃないのかなって(笑)

重要な時間だと位置付けています

風俗は自分の中では娯楽という枠を超えています。娯楽とかエンターテイメントという枠ではなく、もはや生きていく上での必須と言っても良いかもしれません(笑)快感がそうさせるというよりも、むしろ他の部分ですね。快感も素晴らしいんですけど、快感を得るためのプロセスの段階で気分転換だったり、あるいはリフレッシュやチャージ、リカバリー。気持ちのフォローが出来るじゃないですか。これだけメンタル面に大きなメリットを与えてくれるのは風俗だけなんじゃないかなと思うんですよ。おそらく一つくらいであれば実現出来るサービスは他にもあるんですけど、これらを全て一度に実現出来るという点に於いては、風俗だけというか、風俗以上のものはないんじゃないのかなって思うんですよ。それくらい本当にありがたい気持ちになっていますので、風俗で遊ぶ時に自分が心掛けているのはどんな時でも真摯に楽しみたいなって。とっても重要な時間だからこそです。

広げるか深めるかですね

風俗で遊ぶ時には二つのことを考えています。それは広げるか深めるかです。別に変な意味じゃなく、女の子選びの際のテーマですね。自分の趣味を広げるべく、あんまり興味のない風俗嬢を指名するか、逆に自分が楽しいと分かっているジャンルの風俗嬢を指名するのか。その場合はより一層快感を深められるんですけど、じゃあそこで新しい何かに気付けるのかと言うと、その可能性はそんなに高くはないんですよね。でも、どちらにするのかは正解とか間違っているとかじゃなくて、その時の気分次第なのかなとも思いますけどね。風俗ってそうじゃないですか。正解か間違いかじゃなく、自分が求めているものなのかどうか。この点に尽きると思いますので、その時の気分を何よりも大切にするようにしています。その方が結局はベストアンサーにたどり着く可能性そのものが高くなるなってことに気付いてきたんですよ(笑)だから風俗は、結局は気分がモノを言うんです(笑)